☆レッスン風景をご紹介しています☆





ヤマハグレード合格者一覧♪

【指導グレード4級合格】 1名(大人女性・現役ピアノ講師)

【指導グレード5級合格】 1名(大人女性・音大卒業生・ピアノ講師)
【演奏グレード5級合格】 1名(大人女性・音大卒業生・ピアノ講師)

【演奏グレード6級Bコース】 1名(大人女性)

【演奏グレード6級Aコース】 2名(高校生・大人女性)

【演奏グレード8級Bコース】 2名(中学生)

【演奏グレード10級Aコース】 1名(小学生)

【演奏グレード11級】 1名(小学生)

【演奏グレード12級】 4名(小学生)

【演奏グレード13級】 6名(年長〜小学生まで)

【演奏グレード13級(大人)】 2名(大人女性)






「教える」だけが講師じゃない!



ピアノの先生の仕事って?

「ピアノの先生になりたい」「どうして?」「教えるのが好きだから」
という話をよく聴きます。実際私も教えるのが好きでこの仕事を始めました♪
でも今は「教える」という言葉はあまり使いたくありません。
理由は、「生徒さんに直接聞かなければ分からない事」も山ほどあるからです。
では生徒さんからいったい何を聴けば良いのでしょう。







「今弾いた演奏はいかがでしたか?」

生徒さんが弾いた後は私は必ずそう質問します♪
なぜか?生徒さん自身がどう感じて、どう想って弾いたか、
そして弾き終わった後はどうだったか、どこか腕が痛くなったりしなかったか、
弾きにくい箇所はなかったか、楽しく弾けたかどうか?などを知りたいからです。
そして実際には「楽しく弾けました!」と答える生徒さんはほとんどおらず、
「想ったよりもうまく弾けなかった」とか「お家の方が上手に弾けた」とか
「間違えちゃった」などと答える生徒さんが大半です。
なぜなのか?「先生が聞いているだけで緊張」してしまったり、
レッスン室という違った環境にいるだけで間違えやすかったり、
いろいろな要素が考えられますよね。
でも、それでは「その生徒さんが本当に弾きたかった演奏」は
いつまでたっても講師は聴く事が出来ません。
せっかくですから、生徒さん自身が弾いてて楽しくて、
弾きにくくもなく、上手に弾けたら一番嬉しいですし講師も嬉しいです。
そういった演奏が「レッスン室でもお家でも」出来るようになってもらいたいです。
その為には「常に自分が弾いた演奏がどうだったか」を自問自答してもらう事が大切なのです。





自問自答=自分と向き合う事♪

自分と向き合う。これはいったいどういう事でしょう。
毎日忙しくて自分の事を振り返っている余裕なんてない、という人が
現状多いのではないかと想います。
ちょっと気になる出来事があっても気にしない、
何となく違和感がある人間関係があっても考えないようにする、
なんだかちょっと悲しい気がするけど気のせい、などと
普段自分の気持ちを抑え込んでいませんか。
子供さんであれば、今日は習い事と部活で忙しくて疲れたけど親には言わない、
学校で分からない所があったけどなぁなぁにしちゃった、など・・・
普段、あり得ないくらい小さな出来事であっても、
その『現実としっかりと向き合って自分の気持ちを確かめる』事をしないと
その「あいまいな気持ち」はのちに表に出て怒りの感情に繋がってしまったり、
哀しみの感情に繋がってしまう事が多いのが事実です。
今なんとな〜く弾きにくかったんだけどなぁ、
ここ弾いてるとだいたい腕が痛くなるんだけどなぁ、
弾いててなんだか楽しくないなぁ、などと想っていた生徒さんがいたとしたら、
その演奏のまま、その曲をマルにしてあげたくはないと想います♪
「今どう想いましたか」とこちらが【問いかけてあげる】事で、
生徒さん自身が【自分自身と向き合うきっかけを作る事が出来る。】
「今日は部活で疲れてピアノの練習が出来ないで来ちゃった」という生徒さんに、
「はい、弾きましょう。なに?練習しなかったの?ダメじゃない」と
先生は言ってしまって良いのでしょうか。
疲れていたら先生だって練習したくないという時があるかと想います。
それでも頑張って練習して来たからこそ「先生」になれた訳ですが、
その生徒さんは先生になりたい訳ではないかも知れないですし、
部活の方が楽しいともし感じていたら、
ピアノは2の次になってしまう、そんな気持ちのまま続けてもらうよりは、
部活もピアノも楽しい!って想ってもらえる方が、
先生も、ピアノも嬉しいと想います。
練習しなさいと言われたらますます練習したくなくなりますよね。
では自分から「練習したい」って想えるような気持ちになるには、
いったいどうしたら良いのでしょう。
その為の「コーチングスキル」が【チャンクアップ】です♪
「ここをどうやったら弾きやすくなると想う?」
「疲れていてもこの部分なら練習して来れそうっていう所ある?」
「ここをどういうタッチしたら想像してるような綺麗な音が出せると想う?」 などという言葉かけをぜひしてあげたいと想います♪
どうしても出来なかったら、やらなくてもイイよ、くらいは、
言ってあげても良いのかな、という想いもあります♪ いずれにしても、「強制」してまで練習してもらいたくないですよね。





自由に楽に楽しく表現して欲しい♪

ここをどう弾きたいか、ここはどう練習しようか、
そういった事を話し合いながらレッスンして行く、「コーチングレッスン♪」 コーチングとはコミュニケーションであり、お互いがお互いを知る事も出来ます。
あいまいな気持ちは普段から胸に仕舞い込んだりしないで、
常に表に出して向き合ってあげるきっかけを作ります♪
すると「本当は自分はこうしたかったんだ」という新しい発見が出来る事もあり、
その生徒さんが人として人らしく成長出来るきっかけに繋がる事もあるかも知れません。

コーチングでその人の感性とやる気を引き出す♪
これからのピアノレッスンにぜひ取り入れてもらいたい指導法です♪





担当講師・矢田 美麗

上級レッスン年間43回・90分レッスン
グレード5級を目指す方・・・1ヶ月¥10,000
グレード4級を目指す方・・・¥11,000
グレード3級を目指す方・・・¥12,000
グレード3級以上・・・¥13,000















検索から来られてメニューが見えない方は
こちらからお入り下さい。





Copyright(C) 2015-/【美麗 PIANO ROOM♪】 All Rights Reserved.